なぜ思春期にニキビができやすい?

なぜ思春期にニキビができやすい?

ご閲覧頂きありがとうございます。

地下鉄中央線「朝潮橋駅」より徒歩5分

大阪市港区の整骨院

港ミナト整骨院

イチです!

ニキビとは、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こしてできる、皮膚の炎症疾患のことをいいます。

 

そのため、皮脂が多く分泌される顔にできやすいとされています。顔にできやすいと言う言い方には少し語弊があり、実はニキビは胸や背中など顔以外の部分にもできます

ただ、世間一般には「顔に発生するもの」をニキビと呼んでいるのです。

では、なぜ思春期にできやすいのか。その原因は諸説がありますが、過剰に分泌された皮脂との関係や、幼児期の体型から、大人の体形に変化する過程で、余分な筋肉や脂肪が取れていくときにできると考えられています。

脂肪の時は白い脂肪の塊が取れやすいのですが、筋肉の時は赤く発疹となり無理に取ろうとすると血液が出てきます。

その際、皮膚常在菌や手が不衛生な場合、雑菌により炎症を起こすと考えられています。

なお、ニキビは何も思春期だけにできるものではありません。
大人になってからも、少なからず皆さんの顔にもできているはずです。

ただ、1つだけ違うことがあります。それはやり方です。青年時代にできるものはニキビと呼びますが、成人すると一般的に「吹き出物」と呼ぶのです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

メール インターネットでのお問合せ
ボタンを押して専用フォームへご入力ください
お問合せ
電話 お電話での予約・お問合せ
受付時間/9:00~12:00、17:00~21:00
水・日・祝休診 ※祝日のある水曜日は診療
電話 06-6571-4440

ページトップに戻る