小さいときこそ汗をかこう

小さいときこそ汗をかこう

ご閲覧頂きありがとうございます。

地下鉄中央線「朝潮橋駅」より徒歩5分

大阪市港区の整骨院

港ミナト整骨院

トシです!まだまだ寒い日が続きますね。

本日は子どもの汗腺についてのお話です。
汗腺とは汗を出す管のようなものです。これがあることで人は汗をかき、体温調節をすることが可能なんです。
汗腺の発達は生後3年までで決まります。この間にほどよく汗をかくことで汗腺が発達し、汗をかける体質になります。

しかし現代ではクーラーの普及により、小さい頃に全く汗をかかずに育つ子どもが多くいます。こういった環境で育ち、汗腺が発達しなかった子どもはどのような体質になるとおもいますか?

答えは熱中症になりやすい身体に成長してしまうんです。汗がもつ役割の1つには体温調節機能があります。かいた汗が蒸発するときに熱を奪い、身体を冷ましてくれます。汗腺が発達せず汗をかけないとこの機能が弱くなり熱中症になりやすくなってしまうんです。

小さいときこそ汗をかくことを意識して、健康な身体作りをしてあげましょう!

メール インターネットでのお問合せ
ボタンを押して専用フォームへご入力ください
お問合せ
電話 お電話での予約・お問合せ
受付時間/9:00~12:00、17:00~21:00
水・日・祝休診 ※祝日のある水曜日は診療
電話 06-6571-4440

ページトップに戻る