爪は骨なのか?皮なのか?

爪は骨なのか?皮なのか?

ご閲覧頂きありがとうございます。

地下鉄中央線「朝潮橋駅」より徒歩5分

大阪市港区の整骨院

港ミナト整骨院

イチです!

爪は皮膚の表面が変化したものです。
表皮細胞が角質化して死亡したものが、層をなしたのが人間の爪です。

 

爪の根本を見ると、白くなっている丘のような形の「爪半月」といわれる部分があります。

 

ここは爪の乾燥や角化がまだ不完全で、いわば生まれたての爪といった部分です。
白く見えるのは気泡などが含まれているためで、爪半月の大きさは健康状態とは関係ありません。

 

爪が作られるのは、そのさらに奥の「爪母基」といわれる部分です。
ここの円柱状細胞が分裂増殖すると徐々に押し上げられて爪が伸びることになります。

 

また、手の爪にも伸びる速度に違いがあり、中指の爪が最も早く伸びると言われています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

メール インターネットでのお問合せ
ボタンを押して専用フォームへご入力ください
お問合せ
電話 お電話での予約・お問合せ
受付時間/9:00~12:00、17:00~21:00
水・日・祝休診 ※祝日のある水曜日は診療
電話 06-6571-4440

ページトップに戻る