目は疲れるとなぜ充血するのか?

目は疲れるとなぜ充血するのか?

ご閲覧頂きありがとうございます。

地下鉄中央線「朝潮橋駅」より徒歩5分

大阪市港区の整骨院

港ミナト整骨院

イチです!

長時間本も読んでいたり、パソコンに向かっていたりすると、白目の部分が充血して真っ赤になってきます。

 

目を充血させる赤色の正体は血液で、白目の部分にもある毛細血管が太くなり、血液の量が増加することで起こります。

では、なぜ目は酷使して疲れてくると、そのようなことが起こるのでしょう。

白目の部分にある毛細血管は、自律神経が司っています。
正常な状態の時、自律神経が毛細血管を収縮させる方向に働いているため、毛細血管は細くなっています。

しかし、目を使いすぎると、目は多くの酸素を消費して二酸化炭素などの老廃物が増えてきます

酸素と二酸化炭素の運搬を受けとっているのは血液なのですが、その運搬効率をアップさせるために、自律神経が血管を拡張させて、血液の流れを良くしようとするのです。

要するに、毛細血管を太くするので、目が充血するのです

目の充血は眼精疲労以外にも様々な原因が考えられます。
特に、現代人に多いのがコンタクトレンズの間違った使用方による目の充血です。

つけたまま眠ってしまったり、適切な洗浄を行わない、また使用期限を過ぎても使ってしまうなど、これらは目の充血のみでなく、病気の原因ともなります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

メール インターネットでのお問合せ
ボタンを押して専用フォームへご入力ください
お問合せ
電話 お電話での予約・お問合せ
受付時間/9:00~12:00、17:00~21:00
水・日・祝休診 ※祝日のある水曜日は診療
電話 06-6571-4440

ページトップに戻る