なぜ鼻の穴は2つあるのか?

なぜ鼻の穴は2つあるのか?

ご閲覧頂きありがとうございます。

地下鉄中央線「朝潮橋駅」より徒歩5分

大阪市港区の整骨院

港ミナト整骨院

イチです!

人間には左右対称の部位がたくさんあります。目、耳、手、足などがその代表的なものです。

 

これらは左右に分かれているので、一つ一つが対称的にあっても何ら不自然ではありません。

では、鼻の穴はどうでしょう。
体の中心に沿って存在する鼻という1つの部位ではありますが、穴は2つ存在しています。

口やへそも体の中心にありますが、穴は1つです。
なぜ鼻だけが、1つの部位にもかかわらず2つの穴が必要なのでしょう。

この理由には諸説があります。まず、鼻の穴は1日中どちらの穴も同じように通っている事はなく、どちらかの穴がいつも詰まっています。

鼻の穴はそれぞれ左右の肺に対応しており、片方ずつ肺を休めて休ませているのだと言うのです。

また、鼻からのどにつながる部分の構造にも理由があると言われており、もし鼻の穴が1つしかない場合、鼻の穴でスクリューのような乱気流が起こって呼吸がしにくくなるようです。

鼻の穴が2つあるのは、人間だけに限ったことではなく、ほとんどの動物に当てはまることです。

鼻は呼吸器、また感覚器として大切なものなのです。
生命体の持つ機能に、意味のないものなどないということがよくわかります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

メール インターネットでのお問合せ
ボタンを押して専用フォームへご入力ください
お問合せ
電話 お電話での予約・お問合せ
受付時間/9:00~12:00、17:00~21:00
水・日・祝休診 ※祝日のある水曜日は診療
電話 06-6571-4440

ページトップに戻る